エスメラルダ農園マリオ(パナマ)ゲイシャ種[限定予約販売]

¥2,171¥4,342 (税込価格)

生産者:ピーターソンファミリー
生産国:パナマ
生産地:チリキ県ボケテ
農園:エスメラルダ農園ハラミーヨ区画
ロット:マリオ
標高:1,650m
品種:ゲイシャ
処理:ウォッシュト

解除
商品コード: 20-PAN-10THSPL-H 商品カテゴリー: , , 商品タグ: ,

説明

サンシャインステイトエスプレッソ10周年記念の、世界ナンバーワンと言って良いトップオブトップの限定銘柄を販売いたします。

 

どのくらいすごいのか、ちょっと書き出してみますね。

 

まず「エスメラルダ農園」。この農園こそがパナマを世界で最も品質の良い、そして高額なコーヒー生産地として一躍有名にさせた、立役者と言って良いでしょう。2004年から始まった「ベストオブパナマ」というパナマで最も大きな、そして権威のある品評会で、2004年から何年もずーっと優勝し続けてしまいます。すごいですね。2004年の優勝ロットが当時としては破格のポンド当たり21ドルという価格で落札され、その後も毎年最高落札価格を更新していきます。その価格高騰っぷりはすさまじく、新聞やテレビでも報道されるほどの高額落札価格をどこかでお聞きになり驚いた方も多いのではないでしょうか。

 

次に「マリオ」です。これはロットの名前です。いまではエスメラルダ農園に限ったことではないのですが、エスメラルダ農園では初期から小さな区画に区切ってロットを作っています。そしてエスメラルダ農園が素晴らしい品質で生産する秘訣となっているところは、区画ごとに最適な方法で栽培し生産処理を施すことで、同じエスメラルダ農園の中と言っても区画ごとにまったく異なる性格のコーヒーが出来上がるということです。マリオは、ハラミーヨ区画で収穫されたうちのロットのひとつです。区画で区切られた上に、ロットごとに名前が付くというのがすごいですね。そしてこのコーヒーたちは、ロットごとにオークションにかけられていきます。つまり、エスメラルダ農園ではどの区画のどのロットというように非常に細分化されて管理しており、それだけバラエティ豊かな個性に自信があるということでしょう。

 

そして「ゲイシャ種」です。もうコーヒー愛好家の皆さんにはおなじみの品種になっていますでしょうか。近年の高額コーヒーの歴史を作ったのがこのゲイシャ種です。2004年のベストオブパナマにエスメラルダ農園が出品したゲイシャ種、ここが始まりです。それまで幻のような存在だったゲイシャ種を偶然にも見つけたエスメラルダ農園主ピーターソン氏は、その品種がとても優れた香味を持つことを発見します。そしてより良い実をつけるよう慎重に栽培を重ね、収穫した実を丁寧な処理工程に通し、誰もが驚くようなコーヒーを作り上げたのです。それまでのコーヒーに存在しなかったような特別な香味は「ゲイシャフレーバー」と呼ばれ、市場にリリースされると大きな反響を呼びました。その香味にとりつかれたバイヤーたちが競って落札を重ねることでその価格はグングンと上がり、なんと2019年のオークションでは生豆1ポンド当たり1029ドルの値を付けたそうです。円で言えば100グラム当たり2万2千円くらい(!)です。すごいですね。

 

この素晴らしいコーヒーを、完全予約で限定発売いたします。

 

【お渡し日/発送日】4月18日(土)

【ご予約期間】3月1日(日)より4月15日(水)まで

【ご予約方法】本ページからお買い物してください

【購入単位】50g/袋 ※おひとり様2個まで。複数個をお求めの場合は袋は50gずつ個包装とします

【価格】2010円/50g(本体価格) 2010年創業しましたので、記念に2010円で販売いたします

追加情報

重さ100 g
個数と豆または粉

1個(豆のまま)発送, 1個(ドリップ用に挽く)発送, 2個(豆のまま)発送, 2個(ドリップ用に挽く)発送