焙煎セミナー(業務向け)




次のような方に特に優れた効果をもたらすセミナーです。該当される方は、ぜひご検討ください。
 ・将来、自家焙煎店を開業したい
 ・現在は店舗で焼き豆を購入しているが、自家焙煎に切り替えたい
 ・煎っ太郎、ディスカバリーなどのテストロースターサイズの焙煎機から業務用焙煎機へステップアップしたい

Diedrich IR2.5型焙煎機を使用した焙煎セミナーです。対象は1~2名(2名の場合はグループでの参加に限ります)の少人数で行います。
理論と実践に分けて学習します。前半は焙煎と焙煎に必要な関連知識を学んでいただき、後半では実際に焙煎機を操作しながら、4~5バッチを焙煎します。

理論編は実用的な内容となっており、実際に業務で焙煎を行うことを前提にポイントを絞り、効果の高い内容を目指しています。
焙煎の前のステップとしてコーヒー品種や処理方法などと焙煎の関係や焙煎ということの基礎知識などを学習します。次にテクニカルな話題では、科学的な考え方で焙煎を解剖していきます。それからビジネスに役立つ情報まで取り混ぜて、焙煎をビジネスに組み込む、あるいはビジネスの柱にしていくことまで視野に入れた内容を学習して理論編を修了します。

実践編では、焙煎機を操作し、SSEの店頭に並ぶ銘柄と同じスペシャルティグレードの生豆をふんだんに焼いていきます。
焙煎者の技量/経験にあわせて焙煎内容を変えていきますが、基本的には「焙煎機を自在に扱えるように、焙煎について学習し操作と結果の関係を理解することで、焙煎の基礎力をつける」ことを重視して進行します。基本ができていれば、そこから応用していき独自の風味を完成させていくのは焙煎者自身の個性によるものだと考えるからです。
最後にカッピングによる官能テストやTDS計/BRIX計による計測により、焙煎の的確な評価を行い、焙煎を振り返ります。

マンツーマンまたはグループで2名までの受講となっていますので、疑問や悩みなどをどんどん質問していただけますし、じっくりと回答することができます。




プログラム

前半(理論編)
テキスト内容(目次)
 (1)焙煎の前に知っておくべきこと
 (2)生豆から焼き豆への過程
 (3)操作とその影響
 (4)狙いを定めて風味の組み立て
 (5)問題の発見と改善
 (6)焙煎を仕事にするために

後半(実践編)
実技内容
1.操作説明と習熟
2.少量焙煎と大量焙煎
3.短時間焙煎と長時間焙煎
4.焙煎結果の検証
5.まとめ




募集要項

プラン
1dayプラン:午後2時より9時まで(休憩を挟み7H)
2dayプラン:午後6時より9時まで、各回休憩なし、連続または連続しない2日間

開催日時:
日程はご予約時にご相談とさせていただきます。

対象:
業務で焙煎を行っている方
これから自家焙煎店やカフェを開店予定の方
焙煎を仕事にしたい方
※ただし焙煎経験のある方に限ります。焙煎未経験の方は、焙煎体験クラスをご用意していますのでそちらを先に受講してください。

費用:
50,000円(1day、2day共通) ※グループ2名での受講料80,000円/2名
ただし、テキストと焙煎用コーヒー生豆約5㎏(実使用量とします)を含みます。
(焙煎したコーヒーはお持ち帰りいただけます)