私たちの焙煎は

当店のコーヒーは、6つの焙煎のタイプがあります。

Mercury

Venus

Earth

Mars

Jupiter

Saturn

私たちの住む地球を含んで、太陽から数えて6つ目までの惑星の名前がついています。
太陽に近いほど、太陽からの熱を強く受け、そして速く一周します。

当店の焙煎は、浅い~深い、という軸ではありません。的確な表現ではありませんが、パっと~じっくり、というようなイメージです。強い火でコーヒー豆に素早く火を入れて、ライブ感のある特徴的な味を表す、というのが「パっと」です。芯までゆっくりと火を通しつつ、火が入ることで持ち味のさまざまな面を引き出してあげる、というのが「じっくり」です。
この概念が太陽系を回る惑星の動き(太陽に近い惑星は、火のそばでヒュンヒュン回る、太陽から遠い惑星はじんわりと火を受けつつゆっくりと回る)とイメージとして似ているため、このようなネーミングにしました。

その中でもEarth Roastは、熱の加わり方と加わる時間をバランスさせて、毎日のおともに飽きのこない、普段使いにしていただける焙煎とし、ラインナップのボリュームゾーンとなっています。

それより強めのローストであるMars Roastのコーヒーは、コクや甘み、そしてロースト感を感じていただきつつ、砂糖やミルクを合わせてもいいですし、しっかりした味のスイーツなどにもマッチするような、強い風味に仕上げてあります。Earth Roastと共に、どなたでも使いやすい焙煎になっており、もうひとつのボリュームゾーンとなっています。

Venus Roastは軽くやさしい味わいで、まるでお茶かジュースでも飲んでるかのような、さらっとした口当たりと、あと味が楽しめます。フルーツやお花、ハーブなどの香りが感じられるような、コーヒーの持ついろんな面を楽しんでいただきたいと思います。

さらにすばやく火を入れたMercury Roastは、もぎたての果実をぎゅっとしぼったような、フレッシュな風味を感じていただけるローストです。コーヒーの実は、フルーツであるということがはっきりとわかる、そして多様な風味を持っているのだということを感じていただける、特にそのような性格をご紹介したいときに、ラインナップいたします。

Mars Roastよりもちょっとしっかり目の焙煎のJupiter Roastでは、ゆっくりと火を入れつつもコーヒーの実が本来持つ果実感を感じられるように、おだやかに熱をかけています。ダークな雰囲気とコクがよく感じられると思います。

さらにしっかりと火を入れていくSaturn Roastでは、熱によるコーヒー豆の変化をダイナミックに感じられる焙煎となり、深みのあるビター感の上に、火を入れたことにより生まれる様々な風味を感じられます。