私たちのエスプレッソは

エスプレッソの中に入っているもの

SONY DSC
イートイン/テイクアウトのコーヒーのほとんどは、エスプレッソを使ってつくっています。
その私たちのエスプレッソには、特別な魔法はありませんが、特別な思いが入っています。

生産者は、赤道に近いエリアの山の斜面で、コーヒーの木を植え、育て、収穫します。近年では、カップオブエクセレンスというコーヒーの品評会もあり、客観的にその品質を評価する場が出来ています。また、非常に高品質なものはオークションで販売されたりします。消費国での正当な評価と公正な売買、また生産国での世界基準での品質評価体制の整備により、品質の良いものを生産すれば、高く買ってもらえる。それが当たり前になりつつあります。そしてそれは、生産地では良いコーヒーがもっと生産されるシステムになりつつあるということであり、私たちにとっては、良い原料をきちんとした手段、ルートで仕入れることができるということになります。

そんな生産者の思いが詰まった良い生豆を、自家焙煎しています。
生産者の思いとともに、焙煎人の思いも届けとばかりに、エスプレッソマシンで抽出しています。

エスプレッソはもちろん、ロングブラックやカフェラテなど全てのドリンクにこの思いが入って入っています。その風味とともにたくさんの人の思いをお楽しみください。


よりよいエスプレッソを抽出するために

私たちは、コーヒーのことを知らずして美味しいコーヒーを抽出することはできない、と考えています。
だから、コーヒーのことをいつも勉強しています。それは時に楽しくもあり、時に頭を抱えるほど難しくもあります。

生豆についての勉強は、まるで雲をつかむようなところがあります。私たちはまだ小さく、自社農園・契約農園などという形では生豆を入手することができません。私たちが入手できるのは、市場に出回っているもの、つまり値段がついて売られているものということになります。
このコーヒーはどこから来たのか、そこはどんなところなのか、どんな人が作ってるのか、どういう考え方で作られたのか、いつ作られたのか、どうやってここまで来たのか、どんな環境で保管されていたのか・・・
お店に来るまでのコーヒーの生豆について知りたいことはたくさんあります。できれば全て知りたいと思います。そして最近では非常にうれしいことに、メールなどで生産者にアクセスする手段も用意されていたり、さらにs生産者や輸出業者が来日したときに直接会える場合もあります。もちろん、介在しているさまざまな業者の方たちが情報を公開してくれるようになっています。現地の情報もインターネットで調べるといろいろと情報が出てきます。情報を入手する手段が豊富にあり、手軽になったことはとてもよいことです。私たちは、扱うコーヒーについてできるだけの情報を得て、適切な抽出条件を作るための手助けとしています。

市場に出回る生豆にはもちろん、よいものからそうでもないものまで様々な品質のものがあります。その中からよいものを選び、適切な焙煎をし、店頭で販売することになります。
当店は自家焙煎をしていますので、焙煎と抽出はコントロールできます。しかしその前の段階までについて言えば、生豆は、市場(しじょう)の中から選ぶことしかできません。当店に使用するコーヒーの銘柄は一度に10種程度、入れ替わりながらも年間数十というところです。しかし毎年たくさんの生豆が世界中の市場で取引され、大きなマーケットである日本にも大変にたくさんの生豆が輸出されることになります。その膨大な商品群の中で良いコーヒーを手にいれるためには、風味を鑑定する技術が非常に大事になります。もちろんそのためのコーヒーを鑑定する技術(コーヒー用語でカッピングと言います)の向上に日々つとめています。

よい生豆を選ぶことができ、その生豆のバックグラウンドもわかった、となると、やっと焙煎と抽出です。
焙煎と抽出については、より良いものを提供できるように、いつも向上心を持ってがんばっています。果たして、そのがんばりが成果を結んでいるかは、どうぞご来店の上、たしかめてみてください。