2016年のご挨拶、2017年の抱負

大晦日までコーヒーを淹れて、また元旦からコーヒーを淹れる、そういうスケジュールがもう5年続いています。
2016年は、元旦から本日大晦日まで、サンシャインステイトエスプレッソをご贔屓にしていただきまして、誠にありがとうございました。

2016年は、例年通り、いろんなことがあった年でした。毎年いろんなことがあるので、今年もいつも通り大変だったなあというのが大晦日恒例の振り返りとなってしまっています。

本業、コーヒー豆を焙煎して販売するということでは、焙煎量(販売量)が増えたことで、できるようになったことと、難しさを増したことの両方を感じました。
店舗のお客様や卸のお客様へ、品質の良い焙煎豆をお渡しするというのは、焙煎量が少なくても難しく、それが増えてもやっぱり難しいということが、毎年増えながら毎年思うことであります。
生豆の購入量が増えるほど、良い原料、つまり良い生豆にリーチすることができますが、焙煎量が増えるほど、お渡しするときの品質を維持することが難しくなります。原料の品質向上と製品の品質向上、どちらも欲張って実現していきたいと思います。

最近はコーヒー屋さん(自家焙煎店、カフェなど)が当店の所在する東東京エリアにもたくさんできてますし、開店してもう4年も経つような新鮮味のない当店はあまりメディアに取り上げられる動機がないような気がしますが、テレビ生出演の声がかかったり、新聞に載ったり、専門誌のほか、他ジャンルの雑誌などから声をかけていただいて、お店を幅広く知ってもらう機会を頂戴しました。
大変ありがたいことです。コーヒーのあるしあわせをもっとたくさんの方にお届けしたい当店といたしましては、たくさんの人に知ってもらうというのは嬉しい限りです。

レコールバンタンで講師をするというのも2シーズン目になり、今年はしっかりと生徒さんに一から十までお付き合いすることができました。カリキュラムに沿って、またそれ以外にもたくさんのことを伝え、そして自分の足で歩いていけるような自信と未来を持っていただけたかなと思っています。それから、講師をやるにあたり、自らの知識を深め、またアップデートし、そしてより幅広い経験を持つ必要があり、自分自身も成長できたと思っています。

2012年より関わっているジャパンハンドドリップチャンピオンシップと委員になり3年目の日本スペシャルティコーヒー協会の仕事ですが、毎年良いものにしようとアップデートしておりますが、今年は手ごたえがあったなあという感じです。
僕が何をしたということではなく、競技者の皆さんが淹れるコーヒーが、ものすごいレベルアップしていることがジャッジをしながら感じることができました。6年という時間が競技会を育てたということでしょうか。
進化する競技者の皆さんにもっと高みを目指していただける大会へして行かねばならないと思います。

お店(本所本店)は相変わらずで、二人でやっておりますので、混めばアタフタとしますし、すいてる時にはお客様とおしゃべりしているような、移動カフェだったときと同じ感じののんびりしたお店です。
オシャレでもないですし、エッジでもないですし、クールでもないです。それでも当店の何かが気に入って来ていただけるお客様には、気持ちがあったかくなるようなコーヒーを楽しんでいただければと思っています。

それでは、2017年もコーヒーのあるしあわせを。
(SSE ホゼ まーちゃん)


【お知らせ】2017年1月のお知らせと予定

旧年中は大変お世話になりました。
店舗にお越しいただきましたお客様、通販をご利用いただきましたお客様、また様々な形で応援を頂戴しました皆様へ感謝いたします。
本年はより一層、「コーヒーのあるしあわせ」を生活にプラスしていただけますように、お手伝いを頑張っていこうと思います。
よろしくお願いいたします。

それでは、1月のお知らせは以下の通りです。

◆◆お休み◆◆
1月のお休みは以下の通りです。
<年末年始休業>
~1月4日(水)

◆◆イベント◆◆
お年玉じゃんけん大会
1月5日~7日
ご利用1回につき、じゃんけんチャレンジです。お客様が勝ちの場合、お年玉でドリップバッグをプレゼント。

◆◆セミナーの予定◆◆
11日(水)基本のサイフォンコーヒー
18日(水)ラテアートをやってみよう
25日(水)基本のドリップコーヒー
※「オリジナルブレンドを作ろう」はお休みさせていただきます
※ご予約を頂戴しております。
03-6456-1806またはsse@5andcompany.comまでお願いします。
※参加費1000円、コーヒー豆100gのお土産付きです。

◆◆入荷予定◆◆
ケニア、ルワンダ、ブルンジの入荷を予定しています。

◆◆お知らせ◆◆
「福島応援・だいくらスキー場店舗」
2016-17シーズンも、福島を応援するため、チャリティ店舗をだいくらスキー場センターハウス内に設けさせていただいております。12月下旬より3月まで、土日の営業が2店舗となりますので、本所本店では混雑時にはお待ちいただく時間が長くなるなど影響がございます。お客様にはご理解いただけますようお願い申し上げます。
今シーズンも、福島へたくさんのスキー・スノーボード利用をいただけますよう、がんばってコーヒーを淹れてきます。

  ★   ★   ★

それでは、今年もご贔屓いただけますよう、よろしくお願いいたします。

- ハンドクラフトコーヒー製造販売のサンシャインステイトエスプレッソ


15-PAN-HAR-J

【新入荷】パナマ ハートマン農園 ジュピターロースト

定評あるパナマのハートマン農園を今年もご紹介します。

スミソニアン博物館の職員が農園に住み込んで野鳥の観察をするというほどに、自然と調和した農園なのですが、この農園の特徴はそれだけではありません。ハートマン一家の家族経営の農園で、コーヒーを担当するのはラティーボルJR・ハートマン、彼こそが革新的なコーヒーを作る原動力なのだそうです。
昨年、ワイニー処理というまだ聞きなれない処理方法のコーヒーをご紹介しましたが、これが非常に特徴的なコーヒーで(好き嫌いが分かれそうな風味でした)、今年も彼らの農園からはワイニーのほか、何段階かのハニー、そしてフルウォッシュといくつもの処理をかけたコーヒーが出荷されています。
SSEが今年ご紹介するのは、その中でもっともストレートにコーヒーの出来が反映されるフルウォッシュです。ティピカ種というメジャーな品種、処理方法としては王道と言えるフルウォッシュ、コーヒーの木の栽培に自信があればこそのロットをぜひお試しください。

>>このコーヒーを通販する


15-KEN-GAT-M

【新入荷】ケニア ガツラファクトリー マーズロースト

ご好評いただいておりましたケニア・キイファクトリーが終売になりまして、ガツラファクトリーとなりました。

ケニアのニエリ県は、高品質コーヒーの産地として十分な条件を満たしており、古くからケニアの主力生産地として名を馳せております。
そのニエリの中にあるルムキア農協の、ガツラファクトリーからのロットをご紹介します。
SL28と34というケニア伝統の品種をケニア山の万年雪が解けて清水が流れ出す山麓の緑豊かなエリアで育て、その完熟した実を手で摘んでアフリカンベッドと呼ばれる乾燥棚に広げて100%天日乾燥するという、伝統的な方法をとりながら、栽培から収穫までの品質管理には近代的な手法を取り入れています。
完熟した実だけを手摘みすることや、収穫後の実を念入りに選別することで、熟度や粒のそろった、非常に高品質なコーヒー豆を供給しています。
そんなガツラファクトリーのコーヒーですが、赤ワインを思わせるような重みのある酸味と、非常に豊かな香りを持っており、焙煎に負けない強い風味がありますので、マーズローストにてしっかりと焙煎の熱によるカラメルのような甘味を持たせることができました。

>>このコーヒーを通販する


15-CRI-HER-E

【新入荷】コスタリカ エルバス農園 アースロースト

去年の夏から秋にかけてご紹介いたしまして、大変好評をいただきましたコスタリカのエルバス農園ですが、今季もまたご紹介できることとなりました。

エルバス農園は自身でもカップオブエクセレンスというコーヒーの品評会にて何度も入賞経験のある、実績ある農園でありながら、若手の育成にも力を入れており、自分で農園を持たない若いひとたちに自農園内にてコーヒーを育て、収穫し、品評会に出品させるいうことも行っています。
栽培や収穫後の処理などに新しい取り組みを積極的に採用し、非常に先進的な農園であると同時に、働いている人たちや周囲の自然への負荷がかかりすぎることがないように配慮しています。
品種や収穫後の処理方法には常に目新しいものがありますが、毎年エルバス農園のコーヒーを飲むと「丸みのある風味」であることがベースにあることを感じます。今年のこのロットも、ハチミツのような甘味があり、すこしハーブティを思わせるようなところもあり、アプリコットのような果実感が印象に残ります。

>>このコーヒーを通販する


15-BRA-RVE-M

【お知らせ】8月の予定とご案内

いよいよ夏まっさかり、暑いけど夏休みがあったり海に山に行楽に行ったりと、楽しい季節ですね!

というわけで、8月のご案内です。店頭でお配りしているお便りのpdfファイルは下のリンクよりどうぞ。

>>8月お知らせ


8月のお知らせ

今月の新銘柄はエチオピアとブラジル!

エチオピアのイルガチェフェエリアは、世界中からバイヤーが押し寄せる、高品質コーヒーの聖地みたいなところなんですが、そのイルガチェフェから新入荷です。
イルガチェフェにコア・ウォッシングステーションという、収穫したコーヒーの実を、出荷できる状態に処理する、言ってみれば農協のような施設があります。非常に美味しいコーヒーを、環境になるべく負荷を与えないように丁寧に作ったコーヒーです。それを、マーキュリーローストで仕上げました。ほのかにレモンやライム、紅茶の香りもします。
もうひとつ、ブラジルですがこちらはカルモデミナスという、ブラジルでも一等いいと言われるエリアで、その中で1500mほどの尾根が連なる場所にある、リオヴェルデ組合というこれまた農協のようにいくつかの農園が共同で出荷できるようにしている施設があります。
ブラジルらしい、チョコやナッツの香り、豊かなボディ感が特徴で、マーズローストにて焙煎しておりますので、いまの季節、アイスコーヒーにしてもいい感じです。

お盆と夏休み

・お盆期間14~16日は、8時~18時までの営業となります。
・26~28日は夏休みのため、終日お休みとさせていただきます。

夏休みの特別企画「親子で3Dラテアート教室」開催します

テレビや雑誌で話題の「3Dラテアート」を親子で体験してみませんか?
8月の日曜日、朝9時から毎週開催(要予約、03-6456-1806またはsse13feb@gmail.com)
おうちでできる3Dラテアートのやり方のレッスンと、実際に3Dラテアートで可愛い動物さんをつくってみましょう。親子1組につき、参加費1500円です。お気軽にどうぞ~


8月のセミナー予定

【コーヒーに親しむ水曜セミナー 10時~11時】
5日 オリジナルブレンドを作ろう
12日 基本のサイフォンコーヒー
19日 ラテアートをやってみよう
「基本のドリップコーヒー」はお休みです

【ラテアート夜間クラス 18時~19時】
5日 ラテアートをやってみよう
19日 ラテアートをやってみよう

【バリスタ体験、焙煎体験】
★業務用エスプレッソマシンでエスプレッソ抽出とラテアートを体験★3,000/1時間★
★業務用焙煎機で焙煎体験、1㎏のコーヒーを自分で焼いて持帰り★5,000(生豆代含★


お得な情報

★毎月末日はコーヒー豆/粉とコーヒー器具が10%引き!
★テイクアウトでマイタンブラーご持参なら、お飲物が30円割引になります。
★コーヒー豆/粉をお買い上げで「ロングブラック1杯無料サービス」です。
★平日朝8時から10時まで、「アサイチコーヒー」が170円。日替りの銘柄で飽きずに毎日楽しめます。アイスコーヒーorホットコーヒー選べます
★会議やお集まりにポットサービスコーヒーあります。10人分よりご用意。引き取りと返却をご負担で2100円/10人分です(デリバリーもできます)。


おしゃれ夏スイーツを簡単にご自宅で

おうちで簡単、コーヒーの夏スイーツをつくりましょう。
といっても、全然手間なしで、簡単なんですよー。バニラアイスクリームを買ってきて、その上から細引きにした、挽きたてのコーヒーの粉をぱらぱらっとかけるだけ!
コーヒーの香りがふわっとして、高級スイーツに変身です。コツは、挽きたての粉をかけること、できるだけ細引きにすること、そして、かけすぎないこと。少しかけるだけで、香りが出ますよ。
実は、イチゴのアイスやチョコのアイスとも相性がいいんですよ、お試しあれ~


15-ETH-HSK-M

【新入荷】エチオピア コアステーション マーキュリーロースト

エチオピアのイルガチェフェ村からのコーヒーです。マーキュリーローストで味わっていただきたい、とても鮮烈でシャープな果実感と、驚くほどの透明感があるコーヒーです。

エチオピアのコーヒーは全体的にシャープで繊細な印象なんですが、このロットもその特徴をよく備えていると思います。レモンやライムの柑橘系の風味、粘度感のないさらっとした舌ざわり、そしてクリーンな後味。焙煎がマーキュリーローストであるのも手伝って、いわゆるコーヒーらしからぬコーヒーに仕上がっています。ペーパードリップでやや粗挽きにしたものを高温のお湯でスピーディに抽出したら、いままでと少し違うコーヒーの楽しみ方ができるような気がします。
ぜひ、この鮮烈な風味をお楽しみください。

>>このコーヒーを通販する


15-BRA-RVE-M

【新入荷】ブラジル リオヴェルデ組合 マーズロースト

ブラジルは世界最大のコーヒー生産国で、なんとその生産量は全体の3割を超えるとか。すごいですねえ。

そのブラジルですが、たしかに広大な国土なんですがその全てでコーヒーが生産できるというわけではないのです。やはり美味しいコーヒーを生産できる気候風土がある場所というのは限られているわけで、その中でもカルモデミナス地区は長年おいしいコーヒーの産地であると名が知れています。
そのカルモデミナスの、1500メートル級の山がつらなるエリアにリオヴェルデ組合があります。いくつかの農園が加盟しているこの組合は、持続可能(サスティナブル)なコーヒー産業であることを目指し、環境への負荷軽減や、次世代につなぐための土地の改良など、そして勉強会などを頻繁に開催し品質向上にも余念がありません。
しっかりとナッツやチョコレートのようなコクを感じ、なおかつ後味にはスッキリ感もあるブラジルらしいコーヒーを、ぜひお試しください。

>>このコーヒーを通販する


15-ETH-KOC-E

【新入荷】エチオピア コチャレ農協 アースロースト

エチオピアのイルガチェフェ村、SSEではいつもこの標高2000メートル級の高地にある村からのコーヒーをラインナップしておりますが、このロットではG1(グレード1、エチオピアで定められているコーヒーの等級区分のうち最高の品質)品をウェットプロセス処理しています。
ドライプロセスではとてもシャープでスッキリした印象のイルガチェフェのコーヒーですが、ウェットプロセスではイチゴのような甘酸っぱさとたっぷりとした甘さを持つようになります。

同じイルガチェフェ村のコーヒーで、マーキュリーローストのコアステーションのものがラインナップにありますが、こちらはウェットプロセスなので、その違いをお試しいただくのも楽しいですね。

>>エチオピア コチャレ農協 アースローストを通販する

>>エチオピア コアステーション マーキュリーローストを通販する


15-RWA-COC-V

【新入荷】ルワンダ コカツ組合 ヴィーナスロースト

ルワンダのコーヒーがコカツ組合に替わりました。

コカツ組合は、首都キガリの北部の山岳地域TUMBAにある小さな組合です。2012年に設立され、山間部にある事から湧水など豊富な資源に支えられています。約1000本の木から生産され、農民1人1人が収穫から生産処理まで協力して、このコーヒーが作られています。
組合のサイズが小さく、その分、生産者が全員で良いものを作っていこうという足並みがそろっています。国の品評会でナショナルウィナーという賞をもらったこのロットは、とてもクリーンで鮮やかな風味です。

cocatu2

cocatu1


Next Posts